相手の不貞行為を理由に離婚したいとき、証拠を押さえる必要はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

探偵-栃木-38

A不貞行為を認めてしまうと離婚条件が不利になってしまう可能性が高くなることから、証拠がない限り「肉体関係はない」と言い張って、意地でも認めようとしない場合があります。

証拠を押さえずに訴訟を起こしても、訴訟の中で相手に言い逃れされてしまうでしょうし、もしも本当に不貞行為がなかった場合に、「濡れ衣だ」として、逆に慰謝料を請求されてしまう恐れもあります。

本当に浮気をしているかどうかの確認にもなりますので、証拠は重要です。

不貞行為を認めさせるには、ずばり、肉体関係があったという事実を証明する証拠、または、肉体関係があったことが容易に推測できる証拠が必要です。

証拠となるのは、写真・動画や、音声データ、メール などがありますが、証拠能力では圧倒的に写真や動画となります。

最近のお問い合わせでは、携帯電話の位置情報やGPSの画面が証拠として認められるか?といったものが多く寄せられますが、その位置情報に対象とする人物が居るという証明にはなりませんので、証拠としては一切認められません。

また、ホテルの室内を盗撮するなどの違法行為によって得た証拠は、証拠能力がないのでご注意を!

ただ、証拠集めをするにあたって、自分ひとりの力ではどうしても限界があると思います。不貞行為が認められるか・認められないかで、慰謝料の見込み額に差が出てきます。

確実な証拠を押さえたいなら、ぜひ探偵事務所を活用して下さい。

ちなみに、顔の写ったラブホテルの出入りをしっかりと撮影しても、「気分が悪くなり休んでいただけ」 「お腹が痛くなりトイレだけを使った」 「カラオケBOXの代わりとして使った」 「食堂が見当たらなく、ご飯を食べるために入った」 「誰かに聞かれてはマズイ極秘の相談にのっていた」 などと言い、不貞を認めない強者?もおりますが、そのような言い訳は、裁判では一切通用しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る