今すぐにも離婚したいときは、やっぱり「協議離婚」を選ぶべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

探偵-栃木-31

A.確かに時間が惜しいなら、協議離婚が最も簡単ですが、あまり急いでコトを進めると、離婚後のトラブルにつながる可能性があります。

「協議離婚」とは、お互いの話し合いで離婚や離婚の条件を決定することをいいます。

第三者を介さないため、時間もお金も節約できる最も簡単な方法で、離婚をする人の9割が協議離婚を選択しています。

ただし、いくら簡単だからといって、安易に協議離婚へと進んでしまうのは大変危険です。

あなたは、相手と冷静に向き合って十分な話し合いができているでしょうか?

できていないという方は、一度、じっくりと落ち着いて考えてみてください。

財産分与、慰謝料や養育費などの条件の決定を後回しにしたまま離婚してしまうと、相手が逃げ腰になってしまうなど、離婚後のトラブルにつながりかねません。

もし、相手が離婚そのものに合意しているとしても、離婚条件の交渉ができないとき、自分にとって不利な条件にさせられそうなときは、家庭裁判所に調停(夫婦関係調整調停)を申し立てることを検討してみてはいかかでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る