浮気調査を探偵に依頼した場合のメリットを教えて下さい。~後編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

探偵-栃木-17220

 

明確な証拠を手に入れることができる

浮気調査を自分でされている方が、途中で当事務所へご依頼になる一番の理由が「撮影ができない」です。

GPSの発達により、浮気調査をご自分でなさる方が増えておりますが、ある程度の知識がある方であればGPSを活用し、ラブホテルや密会場所を突き止めることは可能でしょう。しかし、いざラブホテルへ行き撮影をしてみたが、暗くて写っていない、ブレてしまって分からない、相手の顔が撮れない、など理由は様々ですが、いずれにしても「撮影」の段階で皆さん行き詰ってしまいます。仮に撮影できたとしても、いいとこラブホテルに駐車してある車の写真くらいでしょう。

探偵に依頼した方が良い理由の一つとしてあげられるのが相手が浮気をしているかどうか明確な証拠を手に入れることができることです。これは浮気、不貞を理由に離婚したいと考えている人や、浮気相手から慰謝料を取りたいと考えている方にとっては、一番のメリットでしょう。

自分では相手が浮気しているという確信が持てていても裁判で慰謝料を請求したり、相手が離婚を拒否しようとも確実に離婚したい場合、浮気相手に慰謝料を請求したい場合、不貞行為を行っていたということを証明できる明確な証拠が必要になってきます。不貞行為をしたと認めてもらうためには浮気相手とのツーショットデート写真やメールでのやりとり、電話の着信履歴だけでは不十分です。ラブホテルに駐車してある車の写真でさえ証拠としては認められません。

確実に不定行為を認めてもらうには配偶者が浮気相手とのラブホテルの出入りを捉えた人物の写真や動画であり、または、何度も浮気相手の自宅を訪問し、宿泊していたという人物の写真が必要となってきます。完全なる証拠を捉えた動画や写真などを提示されても断じて認めない方もいるくらいです。

また、不貞の証拠は離婚時だけではなく、夫婦関係を修復したい、やり直したいといった方にも極めて有効的であります。パートナーへ浮気を問い詰めてもトボけてしまったり、逆切れされたりと話が進みません。不貞を認めない以上、解決はありません。証拠は不貞相手とキッチリ手を切ってもらう手段として、多くの場面で活用されております。

このように確実に配偶者に浮気したことを認めさせ、更には裁判になることを前提で準備をする場合は、明確な証拠を提示する必要があるのです。そのような証拠を個人で揃えるのは大変難しいかと思います。

 

依頼者の負担が減る

探偵に依頼した方が良い理由としては他にも依頼者の負担が減るという点が挙げられます。上記でも説明した通り、探偵に依頼することで時間的負担を減らすことができますし肉体的な負担も減ります。

特に大きいのが精神的負担を減らせることでしょう。仮にパートナーの浮気調査を自分で行った場合、相手に気づかれないようにするためには相当慎重に行動しないといけませんし、今まで信頼していた人を自分で調査するのは悲しいことです。浮気相手と会っている場面に遭遇した場合には怒りのあまり興奮してトラブルになる可能性も十分にあります。

また、誰にも話せない悩みを打ち明ける、話をすることによって気持ちも楽になることでしょう。探偵事務所には当然ながら守秘義務があり、更に書類の管理や破棄にいたるまで細かな規約の元、管理をしている所がほとんどです。今まで人に相談できなかった、話せなかった胸中を思い切り吐き出しても、友達や近所などの間で噂になるといったこともありません。

 

まとめ

離婚は男性、女性に関わらず、大変な精神的負荷がかかります。離婚したことで家族や周りの人達からの印象を気にしますし、離婚してからの生活を想像しても、不安に思う事がたくさんあります。

依頼するにはお金がかかりますが、少しでも負担を減らすためにも探偵に依頼することも検討してはいかがでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る