「離婚したいのに、夫婦だけでは話し合いにならない」ときの解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

what-is-a-peaceful-divorce

Aまずは、第三者――例えば、身近な人や知人などに相談してみてください。弁護士事務所や探偵事務所、離婚相談所などでも、離婚についての悩みを聞いてもらえますし、よりよい道をアドバイスしてもらえます。

それでも、解決の糸口が見つからない……

そんなときに選択するのは「調停離婚」という方法です。

調停離婚」をするためには、家庭裁判所に「調停」の申し立てを行う必要があります。

調停」は、費用が安く申し立ても簡単で、争いを解決する場として、広く一般で利用されている手続きです。

知っておきたいのは、

「離婚について争いがあるときは、必ず、裁判の前に調停を行わなければならない」

と、法律で定められているということ。

たとえ、相手とまったく話し合いにならず、すでに裁判(離婚訴訟)という方法を考えているとしても、

まずは調停を行わなければ裁判で訴えることはできないのです。

「家庭裁判所? なんだか敷居が高そう」。

もしかしたら、そんな威圧感のある印象があるかもしれませんね。

でも安心してください。

調停の対応をする調停委員は民間人(非常勤の裁判所職員)ですし、調停によって裁判所から何かを強制され、命令を下されるようなこともありません。

一度、勇気を出して活用を検討してみるのも一手かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る