キャバクラに通いつめるのは、浮気に当たるの?離婚は認められる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

%e6%8e%a2%e5%81%b5-%e6%a0%83%e6%9c%a8-062

Aキャバクラの場合は、基本的には会話をするだけで、性的関係は伴いません。もし、キャバクラの女性に想いを寄せているとしても、プラトニックな関係であれば不貞行為とはみなされません。

ただし、それはお店の中の話で、もしかしたらお店の外で密かに逢い、性的関係をもっている可能性もあります。その場合は不貞行為としてみなされます。

一方、風俗店の場合は性的行為が発生するので、通いつめている場合はもちろん、たとえ一度だけの来店だとしても、「夫婦関係を継続し難い事由」として主張すれば、離婚を認められるケースがあります。

これはキャバクラでも一緒ですが、通いつめていて生活を脅かすほど金銭をつぎ込んでしまった、家庭を見返らないほど行っている、といった場合でも同様のことが言えるでしょう。

そうなると離婚原因を作ったとして、パートナーは有責配偶者となり、慰謝料も請求する事が可能です。

「風俗店へ行った・行っている」という事実を認めさせる証拠(名刺、レシートやクレジットカードの明細、店への発信履歴など)を集めておきましょう。

ただし、風俗店の女性(相手)への慰謝料請求は難しいでしょう。そこはあくまでビジネス、お仕事となりますので、たとえしつこい営業メールや電話などがあり、渋々行っていたとしても、相手は仕事の一環となりますので、余程のことがある場合は除き諦めた方がいいでしょう。

また余談となりますが、お話で多いのが風俗店である「デリバリーヘルス」にて同じ相手を数回指名し、気ごころが知れ、仲良くなった所での 「直引き行為」(じかびきこうい)です。これは店を通さず直接相手と連絡を取り合い、直にサービスを受ける行為です。

この行為を安易に行おうとする、世の男性は非常に多いのですが、実はこれは大変リスクのある行為なのです。この行為は、たとえ金銭の授受があったとしても不貞行為となる他、売春(買春)行為となり、警察とお話をし、お店側から多額の罰金(損害賠償)を請求され、さらには怖い方々と素敵なひとときを過ごすことになり、最悪は新聞社のお世話にもなりますので、有名人にはなれますが、仕事や家庭がなくなるでしょう。

 

画像は「龍が如く0」より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る