変わりつつある親権問題。男性でも親権をとれる時代へ。

探偵-栃木-170529

離婚する夫婦の間に未成年の子どもがいる場合、争点になるのが親権者の問題です。この場合、どちらか片方の親が親権者になり、子どもを育て行くことになります。

裁判でも非常に揉めやすい親権の問題。父親母親に関わらず、子どもに対する愛情のある親なら、自分が親権者になりたいと願うのは当然のことです。

続きを読む

調停を行う4つのデメリット 後編

探偵-栃木-170601-2

当人同士での話し合いに、裁判所が第三者として介入できる調停。
法的権力を持つ調停調書を得られるなどのメリットが多いですが、あまり知られていないデメリットも存在しています。

続きを読む

調停を行う4つのデメリット 前編

探偵-栃木-170601

調停とは、「問題を抱えた当人同士が裁判所のもとで話し合い、その結果が書面に残される」ことをいいます。
手軽に申し立てができ、調停の結果次第ではメリットがあることから、調停を行う方は少なくありません。

しかし、注意しなければならないのは、「調停にもデメリットが存在する」ということです。
今回、そんな調停のデメリットについて、ご紹介していきます。

続きを読む

一度決まった親権者を変えることはできますか?

探偵-栃木-170525

未成年の子を持つ夫婦が離婚する場合、最も揉めるのが親権者の問題です。夫婦の離婚では、どちらか一人を親権者に決めなければいけません。

離婚成立後だとしても、時間がたつにつれて「自分が親権者になりたい」と考えるようになる方も、少なくないのが現実です。

続きを読む

調停を行う4つのメリット 後編

 

探偵-栃木-170525-3

当人同士の話し合いを裁判所で行う調停は、堅苦しくてよくわからない、と感じる方も大勢いらっしゃいます。
しかし、調停をすることで、当人同士で話し合うだけでは得られないメリットも存在します。

続きを読む

調停を行う4つのメリット 前編

探偵-栃木-170525-1

調停とは、「問題を抱えた当人同士が裁判所のもとで話し合い、その結果は書面に残される」ものです。
「裁判にしないなら、当人同士で話し合うだけでいいじゃない」と思われる方も多いですが、調停を行うメリットというものが存在することは、実はあまり知られていません。

今回は調停を行うことで得られる4つのメリットについて、ご紹介します。

続きを読む

結婚前のカップルでも慰謝料請求はできますか?「婚約」の成立とは?

探偵-栃木-170522

「結婚していなければ法的にも自由だし、いつでも関係は解消できる」

異性とお付き合いをしているとき、ほとんどの人はこんなふうに考えていると思います。ゆえに、いつまでも自由でいたいと結婚を先延ばしにする人や、近年では結婚に対しての価値観も変わりつつあり、籍は入れずに事実婚を選択する方も多くなってきています。

続きを読む

子どものための養育費 使い道は確認できる?

探偵-栃木-170518

離婚した相手が親権を持っている場合、自分のすぐそばにいなかったとしても、子どものために養育費を払うことになる場合もあります。

こんなときに気になるのが、「本当にその養育費が子どものために使われているのか?」ということではないでしょうか。

続きを読む