夫が愛人契約を結んでいた相手から、お金を取り戻すことはできますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

%e6%8e%a2%e5%81%b5-%e6%a0%83%e6%9c%a8-080

A一般的に、金銭の返還請求というものは、それを支払った本人または代理人が行うもので、奥様が請求することはできません。

では、「夫自身であれば愛人に請求できるのか?」というと、それもできません。“愛人契約”は公序良俗に反した行為とされていて、そのために支払われたものは、本人であろうと返還請求が禁じられているのです。

民法第90条(公序良俗)に、

「公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。」

と明記されているように、“愛人契約”というもの自体に法的根拠はありません。

また、民法第708条(不法原因給付)には、「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。」とあります。

つまり、「愛人関係を維持する目的」という、“不法な原因”のために金銭を支払った夫は、その返還を求めることができないのです。

よほどの特異なケースでなければ、これを覆すのは難しいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る