「慰謝料の額」って、どうやって決まるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

uwakichousa01

A協議離婚であれば、慰謝料の額がいくらだとしても、夫婦の合意さえあれば決定しますが、裁判所では第三者の目で、さまざまな事情が総合的に考慮されて算定されます。

算定要素としては、

①夫婦関係が破たんした原因、責任の度合い

②婚姻期間、婚姻中の協力関係

③子どもの有無、人数

④財産分与の額

⑤年齢、性別、職業

⑥資産、負債、収入

⑦請求者側の自活能力、再婚の可能性

などが挙げられます。

この中でも、算定に大きな影響を与えるのは①。

相手の違法性の程度(どれほど責任があるか?)です。

例えば、相手が不貞行為して、それが離婚原因になったという場合。

不貞行為自体には違法性がありますが、もしあなたに、夫婦関係を拒み続けたりするなど、

不貞行為に至る原因」が少なからずあるときは、相手の責任の大きさも変わってきてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る